クレジットカードを現金に換えよう

高還元率と分割払いからみる落とし穴

お金が必要な時にクレジットカードの現金化は、大変魅力的な方法であることは確かです。
できれば利用したいと思う人は、かなり多いことでしょう。
それだけ便利な方法ですので、どうやって使っていけばいいのか、考えておくことが大切です。
そのためには、どういった仕組みで運営され、我々は運用しなければいけないのかを考えていかなければいけません。
たとえば、業者に依頼してキャッシュバック付き商品を購入し、現金化するとした場合、どんな業者を選択したらいいのか、考えていかなければい けないでしょう。
とにかく急いでいるから、考えることもないというのは、もしかしたら現金も手に入らないかもしれません。

確実に確認しなければいけないことは、高還元率の問題でしょう。
還元率は高いことに越したことはありません。
それだけ多くの現金を得ることができるようになるのですから、誰だって高還元率を求めます。
だからこそ、裏があることもあることは、なにもクレジットカードの現金化だからというわけではありません。

美味しい話には裏があるというのは、考えておかなければいけません。
たとえば、95%の還元率なら、これは無理だと感じることもできるでしょう。
しかし、90%であったらどうでしょう。
何とかできる数値なのではないかと思ったりしませんか。
ところが、その当て分割でお支払いしますといわれても、高還元率だからしょうがないかと思うかもしれません。

分割払いをする理由は、クレジットカードの現金化にはありません。
業者からすると、その分だけ振込手数料も手間も掛けなければいけないのですから、マイナスしかないのです。
金利を少しばかり得られることにはなりますが、マイナスのほうが多いことは確実でしょう。
結果として、初回の支払いは受けられても、2回目には逃げられてしまうことは容易に想像できるのです。

こういった甘い話には、裏があると考えなければいけません。
高還元率は目指したくても、適正ということを忘れないようにすることが必要なのです。


↑ PAGE TOP