クレジットカードを現金に換えよう

クレジットカードの現金化に相性のいいリボ払いと活用方法

クレジットカードの現金化を利用するといっても、ショッピングで使った分に関しては返済していかなければいけません。
いろいろな方法を設定することができるようになっていますが、その中でもリボ払いを選択する方法もあるでしょう。
便利な方法ではありますが、あまり使いたくはないと思っている人も多いはず。
その理由の多くは、便利だけれども、結果として返済がいつになったら終わるのか、どういった状態になっているのか、よく分からなくなるからと いうことが多いのです。

リボ払いとは、リボルビング払いの略で、常に一定金額を返済する方法になっています。
枠の範囲内であれば、どれだけ使っても、次の支払額に違いはありません。
画期的な方法であることは間違いなく、非常に便利に使うことができるでしょう。
一定額の返済なのですから、計画を立てやすくなることが重要です。
お金に余裕がないからこそ、クレジットカードの現金化を利用したいという人が多い中、返済計画を立てやすいということは、大きな意味を持つで しょう。
その代わりに、総額がわかりにくい欠点を持っています。
金利も含めて定額の返済を続けていくわけですから、元本に繰り入れられる金額は、そこまで大きなものになりません。
利息も高めの設定になっていることが多く、先が見えない方法であるということも確かなのです。

元本は一定額返済する代わりに、金利は加算するという方法もあります。
この方法の場合、支払額は変動するものの、借入総額を1回の定額返済金額で割ることで、支払いの期限を考えることができるようになるのです。

このリボ払いは、繰上げ返済ができるようになっていることがほとんどでしょう。
現金があるときに、いつもの返済とは別に繰入れていくことができます。
なぜ、これを活用するべきかといえば、繰入れられる返済ですので、元本を直接減らすことができるのです。
金利の返済とは別となるため、返済回数を減らす効果が大きいからこそ、活用していくべきだといえるでしょう。

クレジットカードの現金化は、便利な方法です。
だからこそ、しっかりとした返済計画も考えておくことが必要だといえるでしょう。


↑ PAGE TOP